←トップ頁へ

和名 ブドウノキ 撮影:GKZ/撮影地:とちぎ花センター↑
 
  撮影:GKZ/撮影地:茨城県立植物園↓   
撮影者:東京都 中村利治様↓

↑撮影地:夢の島熱帯植物園↓
漢字表記 葡萄木
別名・異名 ジャボチカバ
キブドウ
古名
語源 和名は、ブドウに似た果実をつける木の意。
属名はギリシャ語のmyrtle(=ギンバイカ)を語源としている。
種小名は「幹生花のある」の意。
学名 Myrciaria cauliflora O. Berg.
英名 Jaboticaba,
Brazilian grape tree
仏名 Jaboticaba,
Guapuru
独名 Baumstammkirsche,
Brasilianischer Traubenbaum,
Jabuticaba
伊名 Jaboticaba,
Jabuticaba
西名 Guapurú,
Yabuticaba,
Jaboticaba
葡名 Jabuticaba,
Jaboticaba
漢名 嘉宝果
植物分類 フトモモ科ミルキアリア属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え(暖地)/鉢植え/食用(果実)/薬用(果実)
原産地 ブラジル~パラグアイ
花言葉 神秘・永代・芳醇
解説 ブドウノキは、フトモモ科の常緑高木である。和名の通り、ブドウに似た果実をつける。色も大きさもブドウの巨峰に似ている。また、味もブドウに似た味である。ただ、ブドウノキの場合、幹に直接白色の花が咲き、当然、実も幹に直接着く点がユニークである。果実の大きさは、1.5~4㎝程度。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:東京都薬用植物園↓