←トップ頁へ

和名 ブドウガメ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 葡萄瓶(甕)
別名・異名 キフォステンマ・ユッタエ 
古名
語源 和名はブドウのような果実をつけ、株基にみずを蓄えることから。/属名は、ギリシャ語のkyphos(=腫瘍・塊)とstemma(=花冠)の合成語から。/種小名は、20世紀ドイツ人植物学者であり、アフリカの植物を採集研究したことで知られるKurt Dinter教授の妻Jutta Dinte夫人への献名。
学名 Cyphostemma juttae(= Cissus juttae )
英名 Wild grape,Tree grape,
Namibian grape
Droog-my-keel
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ブドウ科キフォステンマ属
園芸分類 落葉低木
用途 鉢植え(観葉植物)/庭園樹(暖地)
原産地 ナミビア
花言葉
解説 ブドウガメは、ブドウ科の常緑樹である。ナミビアの高温・乾燥地帯に自生するため独特な発達をした樹木である。樹高は2m程度まで成長するが、成長は非常に遅い。塊茎は円錐形または円筒形に、つまり徳利型に肥大化する。葉は卵形で光沢があり、幾分肉厚であり、冬季には落葉する。葉縁には粗い鋸歯があり、縁には刺を持つ。夏場に花序を出し、淡緑白色の小花を多数開く。果実はブドウに似た房状で、鮮橙色に熟す。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考