←トップ頁へ

和名 ブドウ
漢字表記 葡萄
別名・異名   撮影地:神戸市内→
古名 オホエビカヅラ(於保衣比加都良)
語源 和名は漢名の「葡萄」の音読みから。
属名はラテン語で「ブドウ樹」の意。
種小名は「ワインを生ずる」の意。
学名 Vitis vinifera L.
英名 grape
仏名 raisin
独名  Weintraube  撮影者:沖縄県 田中 勝様↑ 
伊名 acino
西名 parra ↑山梨県・甲州市にて↓/撮影:GKZ 
葡名 uva
漢名 葡萄
植物分類 ブドウ科ブドウ属
園芸分類 蔓性落葉低木
用途 生食/ワイン
原産地 欧州種:アゼルバイジャン    
米国種
:アメリカ東部
花言葉 歓喜/博愛/陶酔/酔いと狂気
解説 ブドウの中で、ユーラシア大陸で生まれたものを「欧州種」といい、これには<東洋系>・<黒海系>・<西欧系>の3種が含まれる。茎に巻き付くひげは間絶性で、これに対して米国種は節ごとにつく連続性となっている。欧州種の果実は成熟すれば果肉がもろく砕けるか、溶性で、芳香を有し、上等な酒となる。米国種は、成熟すると果実に狐臭と言われる不快な香りを生じ、質の悪い酒となる。ただし、米国種は、対雨性、耐寒性、耐病性の点で優れている。
履歴 我が国でのブドウ栽培は、今から800年ほど前に雨宮勘解由という人物が初めて手がけ「甲州ブドウ」の基礎を作ったと言われている。
県花・国花 山梨県:勝沼町木
古典1
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
・葉多ければ、ブドウ少なし(フランス)
・茨を植えてブドウはとれぬ(イギリス)=ウリの蔓にはナスビはならぬ
・ブドウ園と娘は監視し難し(ポルトガル)
俗信 ・ブドウの種を食べると盲腸になる
季語 夏(花)/秋(実)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 214,216 「白粉花」
13 86 「再会」
16 125 「清春」
16 196 「乗り越し」