←トップ頁へ

和名 ホワイトサポテ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、英名の音読みから。因みに、英名の語源はアメリカ大陸先住民のアステカ族の言語tzapotl(=甘くてやわらかい果物)と言われている。/属名は中央メキシコの先住民族であるナフワートル族語での本種に対する現地名Cochitzapotlに由来していると言う。/種小名は「食用の、食べられる」の意。
学名 Casimiroa edulis 
英名 White sapote,Mexican apple ↑とちぎ花センターにて↓
仏名 Sapote blanche,Pomme mexicana
独名 Weiße sapote
伊名 Lalave
西名 zapote blanco
葡名 Casimiroa
漢名 白柿/白人心果
植物分類 ミカン科カシミロア属
園芸分類 常緑高木
用途 食用(果実)
原産地 メキシコ・グアテマラの高地
花言葉
解説 ホワイトサポテは、ミカン科の常緑樹である。ホワイトサポテとは対照的なネーミングでブラックサポテがあるが、こちらはナシ(バラ科)の仲間である。樹高は10m前後程度に。葉は緋針形、縁部は全縁であるが細かな波状となり、先端部は鋭頭、枝に互生する。ホワイトサポテの果実は径7.5~10㎝程度の不整球形である。果皮は薄く、熟すと黄緑色にになる。果肉は幾分黄色味を帯びた白色でやわらかく、芳香がある。味はかすかな酸味を伴った甘さを持っている。生食またはシャーベット等にして食用とする。 国営沖縄記念公園内
熱帯ドリームセンターにて↓
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考