←トップ頁へ

和名 ホウオウボク        ↓撮影者:東京都 中村利治様↑
漢字表記 鳳凰木
別名・異名 ロイヤル・ポインシアナ/フランボヤン/フレイム・ツリー
古名 撮影地:マレーシア・
ジョホールバール
語源 和名は、漢名の音読みから。/属名は、ギリシャ語で「明瞭な鉤爪」の意で、花弁の形状を示している。/種小名は「王の」の意。
学名 Delonix regia(=Poinciana regia)
英名 Roiyal poinciana,Flame tree  撮影地タイ・バンコク:ベンジャシリ公園↓ 
仏名 Flamboyant
独名 Flammenbaum,Flamboyant
伊名 Flamboyant
西名 Flamboyant,Framboyán,Flamboyán
葡名 Flor-do-paraíso,Pau-rosa,
Flamboyant,Flamboiaiã,
Acácia-rubra
漢名 鳳凰木
泰名 หางนกยูงฝรั่ง 
植物分類 マメ科ホウオウボク属
園芸分類 落葉高木
用途 緑陰樹、街路樹(熱帯・亜熱帯地域)/食用(豆果)/燃料(莢)
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 ホウオウボクは、マメ科の落葉樹(熱帯地域以外では冬季に落葉する)である。見事な傘形の樹冠を見せ、樹高は10~15m程度となる。葉は2回羽状複葉で、葉身の長さは30~50㎝程度で、羽片は10~20対あり、各々に小葉がつく。初夏に総状花序をつけ多数の花を樹冠全体を覆うかのように開花する。花は径7~10㎝程度の5弁花である。花後には、長さ40~60㎝程度で扁平な莢果をつける。果実は熟すと暗赤褐色で刀形となる。
履歴   板根↓
県花・国花
古典1  撮影:GKZ → 
古典2 撮影地:沖縄ワールド
季語
備考
   
   
   
  下図に見られる帯状に見えるのはホウオウボクの果実である。 
   とちぎ花センターにて