←トップ頁へ

和名 ホタルノキ 現在開花写真はありません。
ユニークな花なので是非掲載したいので
お持ちの方、ご提供ください。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記 蛍木
別名・異名 ディクロスタキス・シネレア
ディクロスタキス・キネレア
ハーン・クロラーク(タイ語名)
ノム・スァワ(タイ語名)
古名
語源 和名は花穂の先が黄色くなることからの命名か?/属名は、ギリシャ語のdi(=2)とchroic(=色)とsたchys(=花穂)の合成語から。/種小名は、「灰色の」の意。
学名 Dichrostachys cinerea
英名 Sckle bush
Princess earings
Kalahari Christmas tree
Marabou thron
Bell mimosa
Chinese lantern tree
仏名 Mimosa clochette
Kéké

撮影地:群馬フラワーパーク 
独名 Farbkätzchenstrauch
伊名 Dichrostachys cinerea
西名 Marabú
葡名 Marabu
漢名
泰名  หางกระรอก 
นมเสือ
植物分類 マメ科ディクロスタキス属
園芸分類 落葉蔓性樹
用途 路地植え・薬用(樹皮)
原産地 アフリカ大陸・マダガスカル島・インド・インドネシア・マレーシア・オーストラリア
花言葉  
解説 ホタルノキはマメ科の落葉蔓性樹である。蔓長は7m程度となる。幹や枝には刺がある。樹皮は黄色~灰褐色で、荒々しく剥離する。葉は2回羽状複葉で枝に対生する。小葉は5~10㎜程度の楕円状で9~41対で構成される。この葉は、我が国に自生の見られるネムノキ等と同様に夜間は閉じる。枝先の葉腋から2.5~5㎝程度の花穂を下垂する。花穂は上半分は白色~ライラック色で、下半分は黄色となる。上半部の花は雄蕊が機能しない不完全花で、下半部の黄色い部位は5弁花の両性花となる。花後には、長さ2~10㎝程度の莢果をつける。
履歴
県花・国花
古典
古典2
季語
備考