←トップ頁へ

和名 ホソエカエデ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:新宿御苑
漢字表記 細柄楓
別名・異名 ホソエウリハダ(細柄瓜肌)
アシボソウリノキ(足細瓜木)
古名 撮影地:日光植物園
語源 和名は、本種は、ウリハダカエデに似るが、それよりも花の小柄が細いことからの命名という。
属名のAcerとは、ラテン語で「裂ける」という意味を持ち、切れ込んだ葉の形に由来している。
種小名は、「柄が毛のように細い」の意。
学名 Acer capillipes
英名 Snakebark maple
Red snakebark maple
仏名 Érable à peau de serpent
独名 Rotstieliger Schlangenhaut
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 日本(本州:福島県南部以西・四国):日本固有種
花言葉
解説 ホソエカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。概して山地の谷間の渓流沿いに自生の見られる樹木である。樹高は10~20m程度となる。雌雄異株。樹皮は無毛で平滑であるが緑色地に濃緑色の縦筋模様が入る。その様子から、英名ではSnakebark mapleと呼ばれている。樹皮の色合いは、やがて老木になると灰褐色となる。葉は長さ7~13㎝程度の卵形~広卵形で、3~5裂する。裂片の縁部には重鋸歯がある。葉の基部には3~8㎝程度の葉柄がつき、枝に対生する。5~6月頃、長さ10㎝程度の総状花序を下垂し、淡緑色の小花を多数つける。翼果は長さ1.5㎝程度で無毛、鈍角に開く。秋には赤く紅葉を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考