←トップ頁へ

和名jp ホソバテンジクメギ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓




 
漢字表記 細葉天竺目木
別名・異名
other name
ホソバアカメギ( 細葉赤目木)
古名old name  
語源
etymology
和名は、外来種のメギであり、葉が細長いことから。
属名は、メギのアラビア名から。
種小名は「血紅色の」の意。
学名sn Berberis sanguinea
英名en Red-pedicel Barberry
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地(全5図)
西名es 東京都薬用植物園
葡名pt
漢名ch 血紅小檗
植物分類 メギ科メギ属
園芸分類 常緑低木
用途use 庭木/薬用
原産地
distribution
中国
花言葉 過敏
解説
description
ホソバテンジクメギはメギ科の常緑樹である。樹高は2~3m程度に。我が国に自生の見られるメギは落葉樹であるが、本種は常緑である。葉は、名前の通りメギよりも細長い披針形となる。葉質は厚味があり、葉縁には先端が針状になった鋸歯がある。短枝には鋭い3本の刺がある。3~4月頃、黄色の6弁花を開く。果実は青紫色の熟す。本種は、常緑樹であるが、葉が古くなると見事に真っ赤になることから、赤と緑のコントラストが好まれて庭木として植栽される事が多い。
履歴 我が国へは戦後渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考