←トップ頁へ

和名jp ホソバタイサンボク
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:神代植物公園↑
撮影GKZ:熱海市・初島:アジアンガーデン↓
漢字表記 細葉泰山木
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、樹木全体の姿を泰山になぞらえたものとか。
属名は17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は「大きい花の」の意。 
学名sn Magnlia grandiflora(=Magnolia grandiflora var.lancelata) ※備考欄参照 
英名en Southern Magnolia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 窄葉荷花玉蘭
狭葉広玉蘭
植物分類 モクレン科モクレン属
園芸分類 常緑高木
用途use 庭木/公園樹
原産地
distribution
北アメリカ中南部
花言葉 壮麗
解説
description
ホソバタイサンボクは、モクレン科の常緑樹である。樹高は10~20m程度。葉は長さ10~25㎝程度の長楕円形で、ある。長さはタイサンボクとほぼ同じであるが、葉幅が狭くなる。葉はあまり厚味の無い革質で、表面には光沢があり、縁部は全縁、先端部は鈍頭或いは幾分尖り、枝に互生する。若葉の頃に葉、葉裏に毛が見られるが、生長と同時にそれも消えて行く。5~6月頃、枝先に径12~15㎝程度で白色の花を付ける。花は抱え咲き風に開花し、やがて、茶色に変化して地面に落ちる。花弁数は一般的に6個であるが、希に10個以上の場合もあると言う。本種は、開花時には芳香を放つ。花後には長さ15センチ程度の集合果をつけ、中に赤色の種子を持つ。  
履歴
県花・国花 
古典1  
古典2  
季語  
備考 かつての本種の学名は Magnolia grandiflora var.lancelataとされ、タイサンボク(Magnolia grandiflora)の変種として分類されて来たが、現在は両者は同一種類として分類されている。