←トップ頁へ

検索名   ホソバタブ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

撮影地:小石川植物園           
和名jp アオガシ
漢字表記 青樫
別名・異名
other name
ホソバタブ
古名 
old name
 
語源
etymology
和名は、緑色のカシの意からという。
属名はインドネシアでの現地名makilanをラテン語化したものと言う。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Machilus japonica Sieb. Et Zucc.
英名en Wild machilus
Ssmall machilus
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 長葉潤楠
植物分類 クスノキ科タブノキ属
園芸分類 常緑高木
用途use 用材/木炭
原産地
distribution
日本(近畿以西)~朝鮮半島南部の付属島
花言葉
解説
description
アオガシは、クスノキ科の常緑樹である。暖帯~亜熱帯の山地に分布が見られる常緑高木。樹高は10m前後程度。葉はタブノキよりも細く先端が長く尖っている。葉の縁は波を打つ。葉には光沢があり、葉は枝に互生する。雌雄異株。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 262 「冬葵」
9 104 「崖」