←トップ頁へ

和名 ホソバイヌビワ
漢字表記 細葉犬枇杷
別名・異名 イチジク
語源 和名は、イヌビワよりも葉が細いことから。/属名は、イチジクに対するラテン古名から。/種小名は「直立した」の意。
学名 Ficus erecta Thumb. Var. sieboldii
英名
仏名
独名
伊名
西名  撮影地:皇居・東御苑/撮影:GKZ↑
葡名            ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
漢名 天仙果(※)
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 落葉小木
用途 路地植え/食用(果実)
原産地 日本(関東以西)/台湾/済州島
花言葉 夢の島熱帯植物館→
解説 ホソバイヌビワは、クワ科の落葉低木である。樹高は4m前後に。樹皮は滑らかで、良く分枝する。葉は有柄で互生する。イヌビワは、葉が倒卵形となるが、ホソバイヌビワは倒披針形となる。5~6月頃に新枝の葉腋に球形の花嚢を見せる。果実は翌年の6月頃に熟す。
履歴 万葉集に詠われている「ちちの実」とは、イヌビワのことと言われる。
県花・国花
古典
季語
備考 ※「天仙果」は、イヌビワを示す漢名である。
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:東京都薬用植物園