←トップ頁へ

和名  ホルムショルディア・テッテンシス 
漢字表記
別名・異名 タヒチアン・ハット
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、デンマークの植物学者J.T.Holmskioldへの献名。/種小名は、ジンバブエの地名Teteに因んでいる。
学名 Holmskioldia tettensis
英名 Tahitian hat plant,
Purple Chinese hat
仏名 Cahpeau tahitien
独名 Blaue Chinesenhutpflanze
伊名 撮影者:沖縄県 比嘉善一様 
西名   
撮影地:沖縄県北中城村
 
葡名
漢名 洋傘花、冬紅花
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)テングバナ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 ジンバブエ
花言葉 かわいらしい・着飾る
解説 ホルムショルディア・テッテンシスはシソ科(←クマツヅラ科)の常緑樹である。樹高は1~2m程度。花形がユニークなので様々な名前を持っている。我が国の園芸界では英名からのタヒチアン・ハットの名で流通している。葉はほぼ卵形で、先端は幾分とがり、縁には鋸歯を持ち、枝に対生する。原産地では通年開花のようであるが、我が国では夏場にクマツヅラ科の植物らしくユニークな花をつける。淡桃紫色の萼片が皿状に広がりを見せ、その中央を突き出るように濃青紫色の花が乗り、蘂は長く突き立つ。花は一日で散ってしまうが、萼片はそのまま残る。
履歴 我が国への渡来時期不詳。    
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考