←トップ頁へ

和名jp ホオベニエニシダ
 ↑撮影:GKZ/群馬県館林市:善導寺↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉県東庄町西福院↑
 
撮影地:筑波実験植物園↑
漢字表記 頬紅金雀枝
別名・異名
another name
アカバナエニシダ
古名old name
語源
etymology
和名は、花の両翼弁に頬紅を掃いたように紅が入ることから。因みにエニシダとは、オランダ語「エニスタ」からの転訛という。
属名はある植物(一説にはウマゴヤシという。)の古代ギリシャ名からということだが、詳細不詳
種小名は「箒状の」の意。
学名 sn Cytisus scoparius f. andreanus 
英名en Broom 'Andreanus'
仏名fr Genêt 'Andreanus'
独名de Ginster
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 マメ科エニシダ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/切り花
原産地 フランス
花言葉 謙遜/卑下
解説 ホオベニエニシダは、マメ科の落葉樹である。樹高は1~2m程度に。枝は良く分枝し、色は緑色、枝には稜がある。若枝には毛が見られる。5~6月頃、葉腋に蝶形花を開花する。黄色と濃紅色とのコントラストが美しい品種である。本種は、各種の交配親として重要な存在でもある。
履歴 1884年に、フランスのノルマンジーで発見されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考