←トップ頁へ

検索名  ホンサゴ   
和名 サゴヤシ                 
漢字表記 サゴ椰子
別名・異名 ホンサゴ
古名
語源 和名は、英名の直訳から。/属名はギリシャ語で「随を有する材」の意。/種小名は原産地名から。
学名 Metroxylon sagu  とちぎ花センターにて↓
英名 True sagopalm
仏名 Sagoutier
独名 Sagopalme
伊名 Sago
西名 Sagu
葡名 Sagu
漢名 西米, 棕櫚
植物分類 ヤシ科サゴヤシ属
園芸分類 常緑低木
用途 食用(幹からサゴと呼ばれるデンプンを得る。)/屋根材(葉)/ロープ用繊維材(葉柄の繊維)/工芸品(彫刻品としての土産物等) 
原産地 マレー半島~ニューギニア
花言葉
解説 サゴヤシはヤシ科の常緑樹である。本種は、低地の淡水湿地に自生するヤシである。地下茎から若木を出すので、群落状の林を構成するすることが多い。若木のうちはニッパヤシにもよく似ている。だが、成長すると樹高は6~10m程度までとなる。葉は羽状複葉で、葉身の長さは6mにも及ぶ。本種の寿命は10~15年と言われている。開花直前には、茎の先端に大きな花序を出し、淡紅色の花をつける。開花後には枯死してしまう。本種は、その幹から「サゴ」と呼ばれるデンプンを得るために栽培される。最大で幹の直径が60㎝にもなるというが、栽培地では、開花直前に開花直前の木を選んで切り倒し、幹からデンプンを得るという。1本のサゴヤシから300~500㎏のデンプンが得られるという。 
履歴 我が国への渡来時期は不詳だが、柏原益軒の著した『大和本草』(1709年刊)に「沙菰米(さごへい)」の名で登場しているので、既に江戸時代にはサゴ澱粉そのものは渡来していたと考えられる。  
県花・国花  
古典1  
古典2 『大和本草』  
季語  
備考