←トップ頁へ

和名 ボタンクサギ
漢字表記 牡丹臭木
別名・異名 クレロデンドロム・ブンゲイ/ヒマラヤクサギ/タマクサギ/シナクサギ
古名
語源 和名は、ボタンのように見事な花を見せるクサギの意。/属名はギリシャ語のcleros(=運命)とdendron(=樹木)の合成語から。/種小名にはロシアの植物学者で中国の植物を研究調査したAlexander von Bungeへの献名。
学名 Clerodendrum bungei 拙庭で↑
英名 rose glory bower, Kashmir bouquet,
Mexican hydrangea,
Cashmir bouquet
仏名 Clérodendron fétide
独名 China Losbaum
伊名 Clerodendrum bungei
西名 Chino-flor de la gloria
葡名 Clerodendro-da-china
漢名 臭牡丹
植物分類 シソ科(←クマツヅラ科)クサギ属
園芸分類 落葉低木。
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国/インド
花言葉 清楚:運命、輝く美しさ 筑波実験植物園にて↑
解説 ボタンクサギは、シソ科(←クマツヅラ科)の落葉樹である。樹高は1m前後。葉は三角状卵形で、長さは8~20㎝程度と意外に大きい。葉には葉柄並びに表面の葉脈に沿って赤紫色のラインが走る。7~9月頃、茎頂に散房花序を出す。花全体は写真(上)に見られるように、径10㎝前後のピン・クッション(針坊主)のような形状となる。個々の花(径2㎝前後)は5深裂した萼片は紅色、花被片は淡紅色で、四本の白色の雄蕊が長く突き出している。果実は青色の球形で星状に宿存萼片がつくため独特な形状となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考