←トップ頁へ

和名 ボタンヅル
↑撮影者:神奈川県 高橋真由美様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
撮影地:東京都薬用植物園
   
漢字表記 牡丹蔓
別名・異名
古名
語源 和名は、蔓性植物で、葉姿がボタンに似ていることから。/属名は、ギリシャ語のklema(=蔓)から。/種小名は「オランダミツバのような葉の」の意。
学名 Clematis apiifolia
英名
仏名
独名  相模原市薬師寺公園にて
伊名
西名
葡名
漢名 女萎
植物分類 キンポウゲ科センニンソウ属
園芸分類 蔓性落葉低木
用途
原産地 日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ボタンヅルはキンポウゲ科の蔓性落葉樹である。我が国の日当たりの良い山野に自生の見られる野草である。茎は長く伸び、縦溝がある。葉は1回3出複葉で、縁には粗い鋸歯を持ち、蔓に対生する。小葉は長さ4~8㎝程度の卵形で、先端は尖る。8~9月頃、茎頂に円錐花序を出し、白色で、径1.5~2㎝程度の小花を多数つける。 花弁のように見える白色の部位は、実際は萼片である。果実は卵形の痩果で羽状毛を持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語
備考 全草が有毒である。