←トップ頁へ

検索名 ボルネオ・マホガニー
和名 テリハボク
漢字表記 照葉木
別名・異名 ヤラボ/タマナ/ボルネオ・マホガニー
古名 花→
語源 和名は葉の光沢による。/属名は、ギリシャ語のkalos(=美しい)とphyllum(=葉)の合成語から。/種小名は「糸状に細い脈の」の意。
学名 Calophyllum inophyllum
英名 Borneo Mahogany,Alexandrian Laurel, Beach Calophyllum, Foraha, Tamanu, Kamani
仏名
撮影者:東京都 中村利治様↑/撮影地:タイ・サムイ島
独名 撮影者:タイのIncola様/撮影地:バンコク↓↓
伊名
西名 花と果実→
葡名
漢名 胡桐/瓊崖海棠/龍華樹
泰名 ะทิง
植物分類 テリハボク科テリハボク属
園芸分類 常緑高木
用途 街路樹/防潮暴風樹/用材(家具・建築用材・船材:カヌー)/染料/採油(化粧品・灯油・バイオディーゼル燃料)
原産地 熱帯アジアからインド・マダガスカル/オーストラリア
花言葉
解説 テリハボクは、テリハボク科の常緑樹である。樹高は20m程度に。全株無毛。葉は対生し、硬い革質で厚味がある。葉長17㎝前後、葉幅5㎝程度で、全縁、形状は楕円形。葉には光沢がある。7~8月頃に円錐花序を出し、白色4弁花を見せる。花には芳香がある。果実は径4㎝程度の球形の核果で赤熟する。中に大きな種子が1個含まれている。この果実からは油を採ることができるが、そのために水にも浮きやすく、海上を漂流し、本来熱帯アジアが原産であるが、太平洋上の島々に漂着している。葉姿も美しく、材や果実も利用価値が高い樹種であるため貴重な存在である。また、近年バイオ燃料としても着目されている。因みに、ボルネオ・マホガニーの名が英名に見られるが、ハワイ等での呼び名であり、マホガニーはセンダン科マホガニー科の樹木である。
履歴 仏典に登場する「龍華樹」はこのテリハボクのことで、釈尊入滅後56億7千万後に現れる弥勒菩薩がこの木の下で成仏するとされる。
県花・国花
古典1 幹肌→
古典2
季語
備考