←トップ頁へ

和名 ボルド
漢字表記
別名・異名
古名
語源
学名 Peumus boldus
英名 boldo
仏名
独名
伊名
西名 boldo
葡名 撮影者:ボリビア在住 Y.Oue様
漢名 撮影地:パラグアイ
植物分類 モニミア科プエムス属
園芸分類 常緑低木
用途 葉:ハーブティー・薬用・精油/果実:スパイス/幹:木炭
原産地 南米チリ
花言葉
解説 ボルドはモニミア科の常緑樹である。樹高は6~8m程度に。葉は披針形で、縁には粗い鋸歯を見せ、対生する。花は、白色の小花で、果実は球形で黄緑色に熟す。雌雄異株。本種は、南米では古くから民間薬として用いられてきたという。また、近年、ヨーロッパやカナダではハーブとして愛用され、自生地ばかりではなく、各地(アメリカ・ブラジル・北アフリカ等)で商業用に栽培が行われているという。また、南米では、近年やせ薬としても注目されているという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ←Y.Oue様のサイトです。参照下さい。