←トップ頁へ

和名 ボケ
撮影:GKZ/ 拙庭にて


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 撮影地:筑波実験植物園↑ 
漢字表記 木瓜
別名・異名 カラボケ(唐木瓜)
古名 モケ(木瓜・毛介・母計)
語源 和名は、モケからの転訛とも。この植物の実の付き方、形、香りのそれぞれがカリンに似ており、しかも本来「木瓜」とはカリンを意味する漢名であったことから、モッカからの転訛とも。
属名は、ギリシャ語のchaino(=開ける)とmeles(=リンゴ)の合成語で、果実に裂け目ができることから。
種小名は「美しい、綺麗な」の意。
学名 Chaenomeles speciosa
英名 Flowering Quince/
Chinese or Japanese Quince
仏名 Cognassier du Japon
Cognassier splendide
独名 Chinesische Zierquitte
伊名 Chaenomeles,Cydonia
西名 Membrillo de flor
葡名 Membrillero de Japon
Membrillo de flor
漢名 貼梗海棠/貼梗木瓜
植物分類 バラ科ボケ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭植え/鉢植え/盆栽/切り花/木瓜酒/衣服への移り香用果実
原産地 中国/クサボケは日本
花言葉 熱情/平凡/早熟
解説 ボケは本来中国原産であるが、わが国に自生を見るのはクサボケのみである。ボケはバラ科の落葉樹で、樹高は2~3m程度に。幹は滑らかで、枝には刺を持つ。葉は楕円形または長楕円形で先端は尖る。葉縁には細かな鋸歯が見られる。一般的に3月~4月頃に開花する。花径は2~3㎝程度。花色は白、朱、桃と多様である。また、一重咲き、八重咲きと変化が多い。秋には写真に見られるようにカリンに似た果実が黄熟し、芳香を放つ。
履歴 中国産のボケは元禄期(1688~1704)以前の我が国に渡来したと推定されている。 
県花・国花
古典1 『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 春(花)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 50,52 「木瓜」
14 150,151 「植木鉢」
19 134 「春の雪」
21 175 「旅心」
22 297 「風の日」
22 341 「編笠茸」