←トップ頁へ

検索名 ピタンガ
撮影者:東京都 中村利治様↑

↑撮影:GKZ/国営沖縄記念公園にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東京都薬用植物園↑

撮影地:咲くや此の花館↑        
和名 タチバナアデク
漢字表記
別名・異名 ピタンガ
スリナムチェリー
ブラジルチェリー
ユーゲニア・ユニフローラ
古名 筑波実験植物園にて→
語源 和名のタチバナアデクのアデクとは小笠原諸島などに見られるフトモモ科のアデクを指す。別名のピタンガとは、原産地ブラジルの先住民の呼び名(ツピー語)である。/属名ギリシャ語からで「気高い、高貴な」の意。/種小名は「単花の」の意。
学名 Eugenia uniflora L.
英名 Pitanga,
Surinam cherry,
Brazilian cherry,
Cayenne cherry
仏名 Cerisier de Cayenne
独名 Surinam-Kirsche
伊名 Ciliegia di Cayenne
西名 Ñangapiry,
Capulí,
Pitanga,
Grosella,
Cereza de Cayena
葡名 Pitanga
漢名 紅果仔/稜果蒲桃
植物分類 フトモモ科ユージェーニア属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/生け垣/食用/果実酒
原産地 ブラジル~パラグアイ
花言葉
解説 タチバナアデクは、今では「ピタンガ」の名で流通しているフトモモ科の常緑低木である。樹高は、1~2m程度。花は、白色で、雄蘂が多数突き出す径1㎝程度で、甘い芳香を有する。葉は、一見して椿の葉にも似ていて光沢がある。実は、カボチャを小さくしたような形状で、径3㎝程度、光沢のある赤色だが、熟すにつれて栗色に変化するということである。アイスクリーム・ゼリー・ジャム等の味付けに用いられる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考