←トップ頁へ

和名 ピンクノウゼンカズラ  撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:タイ・アンパワー;ラマ2世記念公園

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:熊本県玉名市↑       
漢字表記 ピンク凌霄花
別名・異名 チョンプー・ハワイ(タイ語名)
古名   
語源 和名は、ピンクの花を見せるノウゼンカズラの意。類似した樹種にモモイロノウゼンがあるので、区別してピンクノウゼンカズラとしたようである。バラ色の花を見せるモクセンナの意から。
属名は、Pandrea(ソケイノウゼン)属に分類されて来たが、研究の結果別属にするために、元の属のPandreaのアナグラム(単語内の文字の入れ替え)をしたものである。
種小名の語源については不詳。地名or人名等の固有名詞に因んでいるものと推測される。
学名 Podranea ricasoliana
英名 Pink trumpet vine,
Port St. Johns creeper,
Port St. Johns-klimop
仏名 Bignone rose,
Liane orchidée
独名 Rosa Trompetenwein
伊名 Podranea ricasoliana
西名 Bignonia rosa
葡名 Sete-léguas
漢名 紫芸籐、紫雲花、紫雲藤、非洲凌霄
泰名 ชมพูฮาวาย
植物分類 ノウゼンカズラ科ポドラネア属
園芸分類 蔓性常緑低木
用途 路地植え(パーゴラ):暖地
原産地 南アフリカ
花言葉 愛らしい
解説 ピンクノウゼンカズラはノウゼンカズラ科の蔓性常緑樹である。蔓長は3~5m程度。葉は奇数羽状複葉で枝に対生する。小葉は長さ3~5㎝程度の楕円形で、縁部はほぼ全縁、先端部は鋭頭で5~11対つく。6~9月頃(原産地ではほぼ周年開花と言うことである)、枝先に円錐花序を出し、径4~5㎝程度で漏斗形で、花冠が5裂した花をつける。花色は淡橙色で、赤紫色の筋模様が入る。花の内側には白色の細毛が散生する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考