←トップ頁へ

和名jp ピナンガヤシ
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影地:タイ・パタヤにて↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園
 
漢字表記 ピナンガ椰子
別名・異名
other name
キュールヤシ
クールヤシ
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、マレー語でヤシを意味するPininaを語源としている。
種小名は「角のある」の意。
学名sn Pinanga coronata
(=Pinanga kuhlii)
英名en Ivory cane palm
Kuhl's palm
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 美冠山檳榔
植物分類 ヤシ科ピナンガ属
園芸分類 常緑低木
用途use 鉢植え/染料(果実)/檳榔の代用(果実)/生活用品(葉)
原産地
distribution
アンダマン諸島~ジャワ島
花言葉
解説
description
ピナンガヤシは、ヤシ科の常緑樹である。インドネシアの熱帯樹林下に見られるヤシである。我が国の園芸界では、旧学名の種小名から「キュールヤシ」或いは「クールヤシ」等の名でも流通していることが多い。樹高は3~10m程度に。葉は偶数羽状複葉で、小葉は披針形。新葉はピンクでやがて緑色へと変化する。本種の特徴として葉の脱落した跡がリング状に残りタケの稈のようにも見える。花は白shくの小花であるが、花後に肉穂花序に球形の果実をつけ、紫紅色に熟す。原産地では、この果実を檳榔(ビンロウ)の代用として用いると言われている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考