←トップ頁へ

和名 ヒョウタンボク
撮影者:東京都 中村利治様↑

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

漢字表記 瓢箪木
別名・異名 キンギンボク(金銀木)
古名 撮影地:小石川植物園→
語源 和名は、実が二つずつつ接してつきヒョウタン型にも見えることから。また、別名のキンギンボクとは、花が初め白色で、やがて黄色へと変化することから。属名は、ドイツの16世紀の数学者でもあり、採集家でもあったA.ロニツアーの名に因んでいる。/種小名は、ペリー提督と共に来日したアメリカ人農学博士のJames Morrowへの献名。
学名 Lonicera morrowii A. Gray
英名 Morrow's honeysuckle
仏名
独名
伊名 撮影者:GKZ→
西名 宮城県松島町:瑞巌寺境内→
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科)スイカズラ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木・生け垣・盆栽
原産地 日本特産種(北海道・本州・四国)
花言葉 撮影地:小石川植物園→
解説 ヒョウタンボクは、スイカズラ科の落葉低木である。樹高は1.5m前後に。枝は細かく分枝し、枝の随は中空である。葉は長楕円形で対生し、毛が多く見られる。5~6月頃に枝頂に二個の花を見せる。花色は初め白色やがて黄色へと変色する。液果は二個付き赤く熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※有毒植物(実)