←トップ頁へ

和名:jp ヒトツバタゴ
↑撮影:GKZ/群馬県・館林市・茂林寺境内
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉市・旧磯辺一小

撮影地:深大寺

撮影地:麗澤大学↑

撮影地:小石川植物園↑
漢字表記 一葉たご
別名・異名
other name
ナンジャモンジャノキ
古名old name
語源
:etymology
和名は、「一つ葉タゴ」の意。タゴとはトネリコのことであり、それは複葉であるに対し、この木は単葉であるため。
属名は、ギリシャ語のchion(=雪)とanthos(=花)の合成語で、樹上の白い花のかたまりを雪にたとえている。
種小名は「微凹形の」の意。
学名:sn Chionanthus retusus
英名:en Chinese fringetre   
仏名:fr
独名:de
伊名:it
西名:es
葡名:pt
漢名:ch 流蘇樹
植物分類 モクセイ科ヒトツバタゴ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭木/花材
原産地 日本/中国
花言葉 清廉
解説 ヒトツバタゴはモクセイ科の常緑樹である。樹高は15㍍前後にも。葉はやや長い柄を持ち、洋紙のような質である。5~6月に今年枝の先端に円錐花序を出し、白い花が群がり咲く。
履歴
県花・国花 長崎県:対馬市木/岐阜県:土岐市木
古典1
古典2 『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 204 「柊」