←トップ頁へ

和名 ヒルザキヤコウボク
漢字表記 昼咲夜香木
別名・異名 ティワー・ラートリー(タイの現地名)/ケストルム・ディウルヌム
古名
語源 和名は、日中に開花するヤコウボクの意。。/属名は、ギリシャ語のkestron(=彫刻刀)を語源としている。雄蘂の形状から。/種小名は「日中開花の」の意。
学名 Cestrum diurnum
英名 Day-blooming cestrum,
Day jasmin
仏名 撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名 Cestro
西名 Galán de día
葡名
漢名 日香樹、日香木
泰名  ทิวาราตรี
植物分類 ナス科キチョウジ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(暖地・温室栽培)/鉢植え
原産地 西インド諸島
花言葉 高貴な心 撮影地:タイ・バンコク・ルンピニー公園
解説 ヒルザキヤコウボクはナス科の常緑樹である。樹高は2~5m程度に。葉は革質で長さ5~8糎程度の倒卵形、全縁、先端は尖り、枝に互生する。葉の表面には強い光沢がある。花は通年開花で、枝先に散形花序を出し、白色の筒状花を多数つける。花冠は5~6裂し、裂した先端部は外側に反転する。花は強い芳香を放つ。花後の果実は球状の液果で白色から青紫色を経てやがて黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考