←トップ頁へ

和名 ヒルギダマシ
漢字表記 蛭木騙
別名・異名
古名
語源 和名はヒルギ科の植物(オヒルギメヒルギ等)に似ていることから。/属名は、ペルシャの学者Avicennaの名に因んでいる。/種小名は「海中性の、海の」の意。
学名 Avicennia marina
英名 grey mangrove,white mangrove
仏名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
独名
伊名
西名
葡名
漢名 海欖雌
植物分類 キツネノマゴ科ヒルギダマシ属
園芸分類 常緑高木
用途
原産地 アジア、アフリカ、太平洋の熱帯~亜熱帯地域(我が国の沖縄は生育北限とされる。)
花言葉
解説 ヒルギダマシはキツネノマゴ科の常緑樹であり、ヒルギ科の植物ではない。また、類似の名前を有するヒルギモドキが存在するが、こちらはシクンシ科の植物である。本種は、潮間帯に生育するマングローブ樹種の1種である。ヒルギダマシは、樹高10mにも及ぶ常緑高木であるが、生育北限とされる沖縄での樹高は数m程度ということである。筍根と呼ばれる呼吸根を、土壌表面より垂直に突き出すのが大きな特徴とされる。雌雄異株。葉は広楕円形で、全縁、先端は鈍頭、光沢がある。葉は枝に対生する。花期は夏で、葉腋または枝先に集散花序をつけ、径5mm程度の黄色ないし橙色の花を数個開く。果実は2cm程度の楕円形で表面に細かい毛が生え、灰白色に熟す。海水に浮くため、海流に流されることで分布域を広げる。
履歴 環境省絶滅危惧ⅠB類(EN)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考