←トップ頁へ

和名 ヒロハカツラ 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:小石川植物園

下図撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:小石川植物園↑
漢字表記 広葉桂(
別名・異名
古名
語源 和名は、葉幅の広いカツラの意から。/属名は、Cercis(=ハナズオウ属)とphyllon(=葉)の合成語で、葉形がハナズオウに似ていることから。/種小名は「壮大な、立派な」の意。
学名 Cercidiphyllum magnificum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カツラ科カツラ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹/用材(建築・船材・家具・器具・楽器・細工物・碁盤・将棋盤・彫刻材・楽器)/染料(樹皮のタンニン)/屋根葺き材/香料(葉)
原産地 日本(本州中部の亜高山帯)
花言葉
解説 ヒロハカツラは、カツラ科の落葉高木である。樹高は15mまでであり、近縁種のカツラの場合30mにも及ぶケースと比較すると本種は小ぶりと言える。雌雄異株。カツラの樹皮には若い時期から縦に割れ目が見られるが、本種の場合は、かなりの成木にならないと割れ目は出ない。葉は長さ8~12㎝、幅6~10㎝程度のほぼ円形で、縁部には鋸歯が並び、先端部は丸味があり、基部は深い心形で、枝に対生する。4~5月頃、花は葉の展開に先立って花弁を持たない小花を葉腋につける。花後の種子には発達した翼がつく点が本種の大きな特徴とされる。 
履歴 カツラ属は、地質時代の白亜紀~第三紀にかけて北半球各地に繁茂していた古い属である。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 中国では「桂」は、ニッケイ或いはモクセイを指す。