←トップ頁へ

検索名  ヒペリクム   
和名 キンシバイ
漢字表記 金糸梅
別名・異名 ヒペリクム
古名 東京大学付属小石川植物にて
語源 和名は、漢名「金絲梅」の音読みから。属名は、ギリシャ語のhype(=上に)とeikon(=絵)の合成語で、本種を絵画の下に吊して悪魔を追い払った民間伝承から。
種小名は「僅かに開いた」の意。
学名  Hypericum patulum  撮影者:さいたま市 滝澤宏至 様↑ 
英名  Goldencup St. Johnswort  河口湖ハーブフェスティヴァル会場にて↓
仏名 Millepertuis évasé 'Hidcote'
独名 Großbluminge Johanniskraut
伊名 Iperico
西名 Hierba de San Juan,Hipérico
葡名 撮影:GKZ→
漢名 雲南連翹/芒種花/金糸梅
植物分類 オトギリソウ科オトギリソウ属
園芸分類 半落葉性小低木
用途 庭植え/鉢植え
原産地 中国
花言葉 悲しみは続かない  
解説 ビヨウヤナギの近似種である。背丈は1㍍程度。葉は無柄で対生。花は6~7月に集散花序をつけ、梅花形の黄色い花を見せる。花弁は5枚。ビヨウヤナギとよく似ているが、花弁が抱え咲きの形状となることと、雄蕊が花弁よりも長くならない等の点で見分けが可能である。
履歴 我が国には1760年に渡来した。
古典1
古典2 『大和本草』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
県花・国花  
備考
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 171 「半夏生」