←トップ頁へ

和名 ヒナウチワカエデ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影:GKZ/日光植物園↓
漢字表記 雛団扇楓
別名・異名
古名 撮影地:多摩森林科学園
語源 和名小形のウチワカエデの意から。/属名はラテン語からで「裂ける」の意。/種小名は「薄い葉の」の意。
学名 Acer tenuifolium
英名 Hinauchiwa-kaede
仏名
独名
伊名
西名 撮影地:日光植物園
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木
原産地 日本(福島県以西)
花言葉 節制、遠慮、自制、大切な思い出
解説 ヒナウチワカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。名前にヒナの接頭語がついていることからも理解できるように全体的に小振りで樹高も8m程度までである。葉も小形で9~11裂し、奥まで深く裂ける。葉姿だけでは、イタヤメイゲツ(コハウチワカエデ)やハウチワカエデにも良く似ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考