←トップ頁へ

和名 ヒメユズリハ
漢字表記 姫譲葉
別名・異名
古名 雄花序→
語源 和名は、葉がユズリハに比較して小さいことから。/属名はギリシャ語のdaphne(=月桂樹)とphyllon(=葉)の合成語で、葉形が似ていることから。/種小名は、オランダの園芸科J.E.タイスマンの名に因んでいる。
学名 Daphniphyllum teijsmannii
英名 撮影者:東京都 中村利治様
仏名 撮影地:東京都・東綾瀬公園
独名 写真(下)撮影者:東京都 山口米子様
伊名 雌花序→
西名
葡名
漢名 奥氏虎皮楠
植物分類 ユズリハ科ユズリハ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭園樹/公園樹
原産地 日本(福島県以南)/朝鮮半島/台湾
花言葉
解説 ヒメユズリハはユズリハ科の常緑樹である。樹高5~10㍍。葉がユズリハより小さいのでヒメユズリハと呼ばれるが、全体的には、ユズリハより樹高は高く生長する。雌雄異株。葉は長楕円形で先が尖り長さ5~10㎝。葉柄部位は始め緑色であるが、やがて赤味を帯びてくる。若木には浅い切れ込みが少しあり、裏面には網脈が浮き出る。葉質は革質で、表面には光沢がある。5~6月頃、枝先の葉腋に総状花序を出し、萼片と蕊のみの花をつける。雄花は、蕊の先が赤褐色となり、雌花は緑色であまり目立たない。晩秋~冬場にかけて、径1㎝弱程度で楕円形の果実を黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ↓撮影地:東京港野鳥公園↑
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 278 「椰子」