←トップ頁へ

和名 ヒメサザンカ  ↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 
漢字表記 姫山茶花
別名・異名
古名
語源 和名は、小花であることからの命名か。
属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。
種小名は「琉球の」の意。
学名  Camellia lutchuensis
英名   
仏名
独名 全3図撮影地:小石川植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭木
原産地  日本(奄美大島~西表島):固有種
花言葉
解説 ヒメサザンカはツバキ科の常緑樹である。和名に「サザンカ」の名が見られるが、サザンカとは異なる別のグループに分類され、ツバキ科の中では「ヒメサザンカ・グループ」として分類されている。樹高は3~8m程度となる。原産地の項に記した地の山中の樹林に自生が見られる。葉は、楕円形~狭楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖り、基部は短い葉柄に連なり、枝に互生する。本種の葉には幾分厚味があるが、表面の光沢はあまり鈍い。12~3月頃、枝先の葉腋に径3㎝程度で白色の花を下向きにつける。本種は、ツバキ科の植物の中でも開花時の芳香が強いため、園芸品種の作出用の母種としても多く用いられている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考