←トップ頁へ

和名 ヒメイワダレソウ
漢字表記 姫岩垂草
別名・異名 リッピア・カネスケンス
古名
語源 和名は、我が国に自生するイワダレソウに花姿や草姿が似ていることからか。/属名は、ラテン語のphyle又はphylon(=種族)の複数形からで、一つの包葉内に多くの花が集まることからと云う。/種小名は「灰色の、灰色軟毛のある」の意。/別名のLippiaとは旧属名からで、フランスの植物学者であったAugutin Lippiの名に因んでいる。/種小名は「灰白色の」の意。
学名 Phyla canescens(=Lippia canescens)
英名 creeping lippia 栃木県日光市にて
仏名 Phyla
独名
伊名 Erba luigia americana
西名 Phyla
葡名
漢名 鴨嘴黄
植物分類 クマツヅラ科イワダレソウ属
園芸分類 半落葉性低木
用途 鉢植え(ハンギング・ポット)/路地植え(グランドカヴァー)
原産地 ペルー
花言葉 誠実
解説 ヒメイワダレソウは、クマツヅラ科の半落葉性低木である。我が国では、旧属名のリッピアの名で流通している匍匐性の常緑樹である。樹高は、5~15㎝程度で、匍匐枝でマット状に広がりを見せる。冬場には落葉して越冬し、翌春に気温上昇と共に再び葉を展開する。開花期は6~9月頃。花色は、白、ピンク等がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考