←トップ頁へ

和名 ヒメフタツバカナボウ
漢字表記 姫二つ葉金棒
別名・異名 アローディア・コモサ/コモサ
古名
語源 和名の語源不詳。(若木の内は平伏していることから低木と思い「姫}を冠し、円盤状の葉が並ぶことと、幹の周囲に刺が多く見られる事からの命名だろうか?)/属名は、マダガスカルの昆虫や植物を調査したフランス人Franciois Alluaud Charlesの孫Chrles Allaudへの献名/種小名は「長束毛のある」の意。
学名 Alluaudia comosa
英名 Hairy Alluaudia
仏名
独名
伊名 大阪府:咲くやこの花館にて→
西名 撮影者:大阪府 藤井勝様
葡名
漢名 細刺龍樹
植物分類 カナボウノキ科アローディア属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 ヒメフタツバカナボウは、カナボウノキ科の落葉低木である。樹高は5~8m程度に。乾燥地帯に自生するために独特の発達をした植物の一種である。乾燥期には落葉し、雨期になると突然芽吹き出す。幹に水分を蓄えるために樹皮は堅く、丈夫に出来ている。雌雄異株。葉はコノハサボテンと同じように刺座から生じ、刺を伴う。ただし、本種の刺はサボテンとは異なり、肉刺であり、樹皮が突出したものである。葉は、肉厚で円盤状の倒卵形で長さは5~20㎜、幅3~15㎜程度で、頂点に突起部を持つ。成長期に葉腋に花序を構成し、白色で4弁の径8㎜程度の小花を多数付ける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考