←トップ頁へ

和名 ヒマラヤヒザクラ
漢字表記 ヒマラヤ緋桜
別名・異名 カルメシナサクラ(カルメシナ桜)
古名
語源 和名は、ヒマラヤ産のサクラの意。/属名はラテン語のcerasus(=桜樹)から。/種小名は、「洋紅色の」の意。
学名 Cerasus carmesina(=Prunus carmesina)
英名
仏名
独名 撮影地:新宿御苑→
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属  撮影者:東京都 中村利治様
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 中国南部~ネパール
花言葉
解説 ヒマラヤヒザクラはバラ科の落葉樹である。樹高は30m程度に。3月頃、我が国のカンヒザクラにも似た釣鐘形で紅紫色の花をつける。花は一重咲きで、萼片には毛が密生する点でカンヒザクラとは区別されている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考