←トップ頁へ

和名 ヒッコリー 
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記
別名・異名
古名 撮影地:小石川植物園
語源 和名は、英名から。/属名は、ギリシャ語で「クルミの木」の意。
学名 Carya
英名 Hickory
仏名 Hickory
独名 Hickolry
Hickoryholz
Hickorynussbaum
伊名 Hickory
西名 nuez dura
葡名 Nogueira amarga
漢名 山核桃木
植物分類 クルミ科ペカン属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(果実)/用材(スキー板・家具)
原産地 北米・カナダ・中国
花言葉
解説 ヒッコリーは、クルミ科ペカン属(Carya)の樹木の総称である。は、クルミ科の落葉高木である。北米大陸に20種、中国に1種分布している。我が国にも自生するクルミとよく似ているが、クルミの場合、果皮が裂開しないのに対してヒッコリーは裂開する。更に、クルミの雄花は分岐しないが、ヒッコリーの場合には3分岐する等の相違点がある。掲載した写真はアラハダヒッコリーの黄葉の様子である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考