←トップ頁へ

和名 ヒハツ
漢字表記 畢撥
別名・異名 ディプリ(タイ語名)
ロング・ペッパー
古名
語源 和名は中国名「畢撥」の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpepto(=軟らかくする、消化する)を語源としている。やがて、ラテン古名では「コショウ」を意味するようになっている。/種小名は「長い」の意。
学名 Piper longum
英名 Long pepper
仏名 Poivrier long
独名 Langer Pfeffer
伊名 Pepe lungo
西名 Pimenta larga
葡名 Pimenta longa
漢名 畢撥
泰名 ดีปลี
植物分類 コショウ科コショウ属
園芸分類 蔓性常緑樹
用途 香辛料(実)/薬用(実・樹皮)
原産地 東南アジア 撮影者:千葉県 三浦久美子様
花言葉 撮影地:星薬科大学
解説 ヒハツはコショウ科の蔓性常緑樹である。雌雄異株。岩上や他の樹木の幹を這い上り、その長さは2~3m程度となる。葉は長さ7~15㎝程度の卵状楕円形で、縁部は全縁、前端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり蔓に互生する。葉質は肉質で、表面には光沢がある。春場に、葉の付け根の反対側に花序をつける。雌花は盾状の苞葉の脇につき、1個の雌蕊からなり、花柱は3裂する。果穂は果皮の下半分が癒着して太くて多肉質な長さ2~4㎝程度の円筒状となる。夏場には赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考