検索名 ヒダカカンバ(日高樺)
和名 アポイカンバ
漢字表記 アポイ樺
別名・異名 ヒダカカンバ(日高樺)/マルミカンバ(丸実樺)
古名
語源 和名は、北海道日高のアポイ岳の特産種であるため。/属名は、カバノキに対するケルト語のbetuに基づくラテン古名。/種小名は、アポイ岳の名に因んでいる。
学名 Betula apoinensis Nakai
英名 東京大学付属日光植物園にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カバノキ科カバノキ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え
原産地 北海道・アポイ岳の特産種。
花言葉
解説 アポイカンバは、カバノキ科の落葉低木である。枝はよく分枝し、若枝には短毛が見られる。古枝は、光沢のある黒褐色で、灰褐色の皮目が見られる。葉は厚く、表面は濃緑色、裏面は淡緑色で、卵型。若葉の裏面には絹毛が見られる。花期は5月頃。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考