←トップ頁へ

和名 ヒボケ
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:新宿御苑

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居東御苑↑
漢字表記 緋木瓜
別名・異名 カンボケ(寒木瓜)
古名
語源 和名は、赤い花をつけるボケの意。/別名のカンボケ(寒木瓜)とは、本種が周年開花であり、寒の時季にも開花することから。/属名は、ギリシャ語のchaino(=開ける)とmeles(=リンゴ)の合成語で、果実に裂け目ができることから。/種小名は「美しい、華やかな」の意。
学名 Chaenomeles speciosa
英名  Flowering Quince
Chinese or Japanese Quince 
仏名 Cognassier du Japon
Cognassier splendide
独名 Chinesische Zierquitte
伊名 Chaenomeles,Cydonia
西名 Membrillo de flor
葡名 Membrillero de Japon
Membrillo de flor
漢名 貼梗海棠/貼梗木瓜
植物分類 バラ科ボケ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭植え/鉢植え/盆栽/切り花/木瓜酒/衣服への移り香用果実
原産地 中国
花言葉 熱情/平凡/早熟
解説 ヒボケはバラ科の落葉樹である。樹高は2~3m程度に。幹は滑らかで、枝には刺を持つ。葉は楕円形または長楕円形で先端は尖るか鈍頭。葉縁には細かな鋸歯が見られる。概して周年開花性で、真冬にも開花することから「寒木瓜」の異名も持つ。花径は2~3㎝程度。花色は濃赤色。秋にはカリンに似た果実が黄熟し、芳香を放つ。
履歴 中国産のボケは元禄期(1688~1704)以前の我が国に渡来したと推定されている。 
県花・国花
古典1 『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 春(花)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 50,52 「木瓜」
14 150,151 「植木鉢」
19 134 「春の雪」
21 175 「旅心」
22 297 「風の日」
22 341 「編笠茸」