←トップ頁へ

和名jp ヒース・バンクシア
撮影:GKZ/オーストラリア・パース近郊↑
撮影:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:夢の島熱帯植物館


漢字表記
別名・異名
other name
バンクシア・エリキフォリア
古名
old name
語源
etymology
和名は、英名から。英名は、この木の葉がヒースに似ていることから。
属名は、イギリスの有名な博物学者でもあり探検家でもあったJ.バンクス卿の名に因んでいる。
種小名は「(ツツジ科の)エリカのような葉の」の意。
学名sn Banksia ericifolia
英名en Heath Banksia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch  歐石楠班克木
植物分類 ヤマモガシ科バンクシア属
園芸分類 常緑小高木
用途use 庭木(原産地)/緑陰樹/ドライフラワー/蜜源植物
原産地
distribution
オーストラリア
花言葉 心地よい孤独
解説
description
ヒースバンクシアは、ヤマモガシ科の常緑樹である。葉姿がヒースに似ていることからヒースバンクシアと呼ばれて原産地では庭園樹として親しんでいる。樹高は6m前後、枝幅は2m程度になる。特に、オーストラリアでは、この種の交雑種として作出されたGiant Candleと呼ばれる園芸品種は、人々に人気がある。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考