←トップ頁へ

和名 ビスマルクヤシ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:国営沖縄海洋博記念公園
熱帯ドリーム植物園

漢字表記 ビスマルク椰子
別名・異名 ビスマルキア・ノビリス
古名
語源 和名属名は、19世紀ドイツ人政治家のOtto Eduard Fürst von Bismarckの名に因んでいるものと推測されるが、その所以については不詳。
種小名は「立派な、気品のある」の意。
学名 Bismarckia nobilis
英名 Bismarck palm
Bismark palm
Silver Bismarck palm
仏名 Palmier bleu de Madagascar
Palmier de Bismarck
独名  Bismarckpalme
Bismarck-Palme
伊名 Bismarckia nobilis
西名 Palmera de Bismarck
葡名 Palmiera-de-Bismarck
Palmeira azul
漢名
植物分類 ヤシ科ビスマルキア属
園芸分類 常緑低木
用途 庭園樹・公園樹(暖地)/食用(果実)
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 ビスマルク・ヤシはヤシ科の常緑樹である。本種の樹高は最大では50mにも及ぶというが、一般的な栽培種では10~20m程度となる。本種の大きな特徴はシルバー・グリーの葉が掌状に広がり、茎頂に大きな樹冠を構成する樹形である。葉は、長さ2~3mの葉柄の先につき、葉形は径3m程度のほぼ円形となる。葉は凡そ50~75個の裂片へと深裂する。本種は、雌雄異株で、雌株では、4~5月頃に葉柄から長い花柄先に穂状花序を散形に出し、黄褐色の花を多数つける。花後には長さ4~5㎝程度で楕円状の果実をつける。
履歴 国際自然保護連盟(IUCN)では、本種をLC(絶滅危惧低危険種)としてリストアップしている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考