←トップ頁へ

和名 ペトロフィレ・ストリアータ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpetros(=岩)とphilos(=愛する)の合成語で、岩上に着生することから。/種小名は「線状の」の意。
学名 Petrophile striata
英名 Conesticks
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ボヤジン・ロック国立公園
葡名
漢名
植物分類 ヤマモガシ科ペトロフィレ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ペトロフィレ・ストリアータはヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸西部のインド洋に面した沿岸地帯の開けた森林や草地に自生する灌木である。茎は、直立~斜上し、樹高は1m程度までとなる。葉は長さ2~3㎝程度の線状で、先端部で3~5裂し、各裂片の頂部は刺状突起となる。9~12月頃、茎頂並びに枝先に、径1.5~2.5㎝程度の花序を総状につける。花は、淡黄色の筒状花で、花冠は5裂する。裂片は外向きに反転する。花筒は淡黄色の細毛に覆われている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考