←トップ頁へ

和名 ペトロフィレ・ブレヴィフォリア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpetros(=岩)とphilos(=愛する)の合成語で、岩上に着生することから。/種小名は「短い葉の」の意。
学名 Petrophile brevifolia
英名 Needle-leaved Petrophile
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
独名  撮影地:西オーストラリア州
ムーア・リヴァー国立公園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヤマモガシ科ペトロフィレ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ペトロフィレ・ブレヴィフォリアはヤマモガシ科の常緑樹である。本種はオーストラリア西部の沿海地域の砂壌地に自生の見られる灌木である。茎葉多数が叢出し、樹高は0.5~2m程度となる。葉は長さ6㎝前後となる細い松葉状で、先端部には刺状突起がある。そのため、原産地ではNeedle-leaved Petrophileと呼ばれている。原産地オーストラリアでは、5~12月頃、枝先の葉腋に花穂を出し、径3~4㎝程度の花をつける。花は、多数の細長い筒状萼片の集まりで、萼片の周囲には白色~淡黄色の細毛が密生する。萼片の先端部は3裂し、中から長い花柄の先に鮮黄色の花を出す。花後には独楽型の果実が下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考