←トップ頁へ

和名 ペトロフィレ・ヘテロフィラ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpetros(=岩)とphilos(=愛する)の合成語で、岩上に着生することから。/種小名は「異葉性の」の意。
学名 Petrophile heterophylla
英名 Variable-leaved Cone Bush
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ボヤジン・ロック国立公園
葡名
漢名
植物分類 ヤマモガシ科ペトロフィレ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ペテロフィレ・ヘテロフィラはヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸南西部の砂利質土壌で開けた森林や草地に自生する灌木である。茎は、直立し、樹高は0.5~2m程度までとなる。全体的な樹形は紡錘形となる。葉は長さ15㎝、幅2~6㎝程度の線状平板形で、先端部は2~3裂する場合もあれば、丸味を帯びている場合も在り、鋭頭となる場合もあり、茎に互生する。8~11月頃、葉腋に散形花序を出し、長さ1~1.5㎝程度の筒状花をつける。花冠は3裂し、雌蘂は花冠より長く突き出る。花色は、淡黄色~クリーム色。花後の果実は我が国のマツの球果にも良く似ており、長く枝上に残る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考