←トップ頁へ

和名 ペトロフィレ・マクロスタキス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpetros(=岩)とphilos(=愛する)の合成語で、岩上に着生することから。/種小名は「大きな穂状花の」の意。
学名 Petrophile macrostachys
英名
仏名
独名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ナンバン国立公園
葡名
漢名
植物分類 ヤマモガシ科ペトロフィレ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ペトロフィレ・マクロスタキスはヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸西部のインド洋に面した沿海地の砂壌地平野に自生の見られる灌木である。茎は、直立し、樹高は0.3~1.2m程度までとなる。葉は長さ3~8㎝程度で、まるで分枝したかのように2~3深裂し、各裂片の先端部は刺状突起が着く。葉は幾分厚味があり、硬質で、枝に互生する。7~11月頃、茎頂に長い穂状花序をを出し、クリーム色で、長さ掲載した写真に見られるような長さ2.5~4.5㎝程度の筒状花を多数つけ、下から上へと咲き上がる。花冠は4裂し、中から蕊が突き出る。花後には、径2~2.5㎝の球果をつけ、長く枝上に残る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考