←トップ頁へ

検索名 ペーパーウード(小笠原諸島名)
和名 オガサワラモクマオ
漢字表記 小笠原木麻黄
別名・異名 カワヤナギ(小笠原諸島名)/ペーパーウード(小笠原諸島名)
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は、ドイツの学者Georg Boehmerの名に因んでいる。/種小名は「小笠原島の」の意。
学名 Boehmeria boninensis
英名
仏名 撮影者:東京都 中村利治様/↑都立夢の島熱帯植物園にて↓
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 イラクサ科カラムシ属
園芸分類 常緑低木
用途 製紙原料
原産地 小笠原諸島固有種
花言葉
解説 オガサワラモクマオは、イラクサ科の常緑樹である。樹高は1m前後程度。全株が粗毛に覆われる。葉は広卵形で、縁に鋸歯を持ち、先端は鋭頭、対生する。葉にはざらつき感がある。3月頃、長さ20~30㎝程度の穂状花序を腋生し、小花を多数密生させ垂れ下げる。本種は、生活力が旺盛で、他の植物が生育できないような劣悪な環境にも適応力を発揮する。
履歴  
県花・国花
古典1 撮影者:東京都 須田様→
古典2 都立夢の島熱帯植物園にて→
季語
備考