←トップ頁へ

和名  ヘテロプテリス・アングスティフォリア  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のhetero(=異形の)とpterys(=翼)の合成語から。/種小名は「狭葉の」の意。
学名 Heteropterys angustifolia
英名 Red wing
仏名
独名
伊名
西名  Flor de mariposa   撮影者:東京都 中村利治様
葡名    撮影地:筑波実験植物園
漢名 狭葉異翅藤
植物分類 キントラノオ科ヘテロプテリス属
園芸分類 蔓状常緑低木
用途 鉢植え
原産地 ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン
花言葉
解説 ヘテロプテリス・アングスティフォリアは、キントラノオ科の蔓状常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地のサバンナ地帯に自生が見られる。葉は長さ7.5㎝程度の細葉の披針形で、茎に対生する。葉は、無毛で、表面には幾分光沢があり、縁部は全縁、先端は尖りを見せる。この樹木の場合、葉が茎上部に集まるため天蓋のようになる傾向を見せる。花は、茎頂並びに上部の葉腋から出た散形花序につき、黄色い風車のような5弁花で、花径は2㎝程度である。花後の果実は、我が国で見られるカエデ科の樹木につく果実のように翼果である。果実は赤熟するので、英名ではRed wingと呼ばれている。
履歴 わが国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2   
季語
備考