←トップ頁へ

和名 ヘリトリオシベ
漢字表記 縁取雄蘂
別名・異名 クロサンドラ/ジョウゴバナ/キツネノヒガサ
古名
語源 和名は、葯に縁取りがあるため。/属名は、「房飾りのある雄蕊」の意でほんの雄蕊の葯の形態による。/種小名は「漏斗状の、ラッパ型の」の意。
学名 Crossandra infundibuliformis Nees
英名 Hirecrcker Flower/Pan American's tropic flame
仏名 Crossandre de forme d'entonnor
独名 Crossandra
伊名 Crossandra
西名 Crosandra
葡名 Crossandra,Crossandra-laranja,
Crossandra-salmão
漢名 鳥尾花
植物分類 キツネノマゴ科クロサンドラ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 アジア・アフリカの熱帯地域
花言葉 爽やかな心、仲良し、内面の美
解説 クロサンドラはインド原産の常緑低木である。葉・枝はまるで草本植物のような感じがする。葉に表面には艶がある。裏側は幾分色が淡くなる。花期は7~8月。花は枝先に穂状につくが、緑色のさや状の苞の中から黄橙色の花が見えてくる。黄色種もある。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考