←トップ頁へ

検索名  ヘリオトロープ  
和名 キダチルリソウ
漢字表記 木立瑠璃草
別名・異名 ヘリオトロープ
ニオイムラサキ
古名
語源 和名は、木本植物であり、瑠璃色の花をみせることから。
属名は、ギリシャ語の「太陽」と「回転」の2語からなり、花序が太陽の動きに従い回ると信じられたからと言う。
種小名は「亜高木の」の意。
学名 Heliotropium arborescens 群馬県館林市:野鳥の森ガーデンにて
英名 Heliotorope
仏名 Héliotorope
独名 Vanilleblume,Heliotrop
伊名 Eliotropio,Fior di Vaniglia
西名 Helitoropo
葡名 Heliotrópio
漢名 香水草
植物分類 ムラサキ科キダチルリソウ属
園芸分類 常緑小低木
用途 鉢植え/香水原料
原産地 ペルー/エクアドル
花言葉 検診/誠実/熱望
解説 常緑低木で、高さ50~60㎝。茎にやや堅い毛がある。葉はほぼ卵形で先は尖る。表面は葉脈が凹み襞状で、裏は毛があり、白っぽい。冬場に花を見せる。花色は菫色か淡紫色で、古くなると白っぽくなる。花径は3㎜で、短い漏斗状。芳香を持つ。
履歴 わが国へは明治中期に入っている。    
県花・国花
古典1 夏目漱石著『三四郎』に始めてヘリオトロープの名が登場。
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 280 「旅の後」
23 303 「デパート山」