←トップ頁へ

和名 ヘリアンテムム・ヌンムラリウム・オブスクルム
漢字表記
別名・異名
古名     
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のhelios(=太陽)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「平円盤状の葉の」の意。/変種名は「暗色の」の意。
学名 Helianthemum nummularium subsp. obscrum
英名 Dark rock rose
仏名 Hélianthème sombre
独名 Gelbe Sonnenröschen
伊名 Eliantemo oscuro
西名
葡名  撮影地:筑波実験植物園
漢名
植物分類 ハンニチバナ科ハンニチバナ属
園芸分類 常緑低木(亜低木)
用途 ロックガーデン/薬用/精油
原産地 西アジア~地中海沿岸
花言葉  撮影者:東京都 中村利治様
 解説   ヘリアンテムム・ヌンムラリウム・オブスクルムはハンニチバナ科の常緑樹である。本種は、ヨーロッパの標高0~1000m程度の比較的日当たりも良く乾燥した牧草地帯に自生する灌木である。茎は斜上し匍匐気味となる。樹高は10~40㎝程度に。茎の周囲や萼片の外側には白色の軟細毛が覆う。葉は楕円状~長楕円状で、全縁、中央部で主脈に沿って下方に凹みを見せ、先端部は幾分尖り、茎に対生する。葉の付け根には小さな托葉が付く。8月頃、茎頂に径1.5~2.5㎝程度の黄色い5弁花をつける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考