←トップ頁へ

和名:jp ヘンヨウボク
↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:石垣島↑
撮影:GKZ/都立八丈植物園↓
漢字表記 変葉木
別名・異名
:alias
クロトンノキ
古名:on
語源
:etymology
和名は、葉が様々な色彩の変化を見せることから。
属名はマレー半島における原地名Kodihoに由来している。
種小名は「斑紋のある、雑色の、斑入りの」の意。
変種名は「色彩のある、美しい」の意。
学名:sn Codiaeum variegatum Blume var. pictum
英名:en Garden croton
仏名:fr Croton
独名:de Kroton
伊名:it Croton
西名:es
葡名:pt
漢名:ch 変葉木
植物分類 トウダイグサ科クロトンノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 観葉植物
原産地 スンダ諸島/インド東部/ジャワ~オーストラリア/モルッカ諸島/マレー半島
花言葉 嬌艶
解説 ヘンヨウボクは、トウダイグサ科の常緑低木である。純熱帯原産の観葉植物である。樹高は0.5~2.5㍍程度まで。葉は無毛で有柄、葉色は鮮緑色を基調に黄、白、紫等が複雑に入り交じり、様々な模様や斑になる。葉長は6~20㎝程度、葉幅0.3~16㎝程度。 
履歴 我が国には、安永2年(1773年)に導入され、明治末年頃から、温室植物として栽培が始められた。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 179、195 「与那国紀行」